女の人

肌を守る化粧品で本気のシミ対策|男性が振り向く美白の女性になろう

細胞を生み出す化粧品

顔を触る女性

幹細胞化粧品は、細胞を生み出す化粧品と言われ毎日決められた量を続けて使っていくことで病院に通わずとも肌の改善に良いと言えます。植物由来のものを選ぶことで、安全にケアが出来るようになると言われています。

もっと読む

ニキビ、シミ、シワケアに

美容液

ビタミンc誘導体化粧品は多く出回っていますが、目的別に成分が違ったり濃度も違います。ニキビケアなのか美白なのか使用目的を決め、どの化粧品が自分に合うのか成分表示を確認しながら購入すると失敗もありません。

もっと読む

美肌への道

基礎化粧品

ビタミンc誘導体は、美肌に効果が期待できる成分です。けれども、ビタミンc誘導体の持つ皮脂抑制機能により肌が乾燥する場合があるので注意が必要です。保湿成分を含んだ化粧水やクリームなどを使い分けると良いでしょう。

もっと読む

薬用成分で予防・改善

鏡を見る中年女性

加齢とストレスと紫外線

シミができはじめた頃というのはどんな女性でもショックを受けて慌てて対策をとるものですが、頬や目尻の辺りなどにひとつ、またひとつ・・とシミが増えていくにつれて次第にあきらめてしまう女性が少なくありません。ですが、毎日使う化粧品を一工夫するだけでも、シミを少しずつ薄くしていくことは可能です。もうすでに複数のシミが顔にできてしまっているという人でも、あきらめずに今から適切なケアを始めて肌を守りましょう。そして男性が振り向く美白の女性になるのです。子どもの頃は紫外線に当たっても日焼けになるだけで、季節が移ればやがて肌の色も元にもどっていきます。それがうまくいかなくなるのは主に加齢が原因です。また大人の場合は継続的なストレスにさらされることも多いので、それもシミが増える一因となっています。

ハイドロキノン等

シミ対策を化粧品で行うには、二つのステップが必要となります。一つ目は今すでにできているシミを薄くしていくということで、もう一つはこれから新しいシミが増えないように予防していくというものです。すでにあるシミを薄くしていくために有効といわれているのは、ハイドロキノンという成分です。この成分は薬用成分として医薬部外品の化粧品に配合されています。美白作用が強いので、昔は医療機関専用として用いられていた成分です。その後規制緩和がなされ、化粧品にも取り入れられるようになりました。これからシミが増えないように予防する効果はハイドロキノンにもあります。ですが、もう一つ予防効果に優れた成分があります。それはトラネキサム酸です。トラネキサム酸も薬用成分なので医薬部外品の化粧品にのみ使用することができます。